教育方針

~ はじめに ~

稲荷山くるみこども園は、はじめに稲荷山幼稚園として1925年(大正14年)に更級郡稲荷山町(現在地)に、初めての幼児教育施設として、カナダ人宣教師ウォーラー司祭により設立されました。 2001年に全国の皆様のご協力により現園舎が新築されました。 2017年4月、幼保連携型認定こども園稲荷山くるみこども園に移行しました。 

稲荷山くるみこども園
教育方針
キリストの愛にもとづく、一人ひとりを大切にする保育を目指します
教育目標
明るい子・思いやりのある子・たくましい子
命を大切に

私たちのくるみこども園はキリストの愛の心をもって、一人ひとりの命が、いきいきと豊かに育まれるように取り組んでいます。
自分を大切にし、また他人をいたわる心を育んでいきます。

心のきずな

「三つ子の魂百までも」という諺があります。幼児期の初体験が人生を生きる大きな力となります。

この時期に諸行事や園外保育など多くの体験から、その喜びが心の内に生まれ、思春期の心と体の不安定な時期を乗り越えることが出来ます。また親子で諸行事に参加し、みんなで喜び楽しむことは、家族の大切な心のきずなを育みます。
家族全員でくるみこども園の行事に参加されるよう心がけております。